2017年06月30日

第127回「ともに瞑想を」―宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか-



「ともに瞑想を」、第127回目の配信となります。
今日も、塩川香世さんと「意識の世界」を、ともに学んでまいりましょう。
「宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか」
今夜は、「12.二五〇年後、三〇〇年後に照準を定めて存在しよう」、その168ページから174ページまでを朗読され、その後、「田池留吉」「アルバート」に心を向けてまいりましょう。

この三次元で母の意識から、ひとつの肉をいただいて、真実を追究してきた私でした。
今世、ここにようやく、真実は自分の中にあったという思いを確立しています。
「私は真実でした」「真実は私自身でした」そんな喜びの思いが、沸き起こってきます。
宇宙の中に私はありました。宇宙の中に、私は、喜びで、喜びで自分を広げていける、そんな私があったんです。
今、心を向ける時、宇宙に心を向ける時、間違いのない真実の世界を心に感じます。
どれだけ間違い続けてきて、狂ってきて、そして、ブラックに成り果ててしまっても、今、ここに、私は、自分の中に真実があった、お母さんの温もりが心にあった、そんな私に蘇っています。
これからの250年、300年、私は、この思いを、広げていきます。
自分の中で、大きく育てていきます。
私から流れる波動を宇宙全体に広げていける喜びを、ただただ伝えていきたいです。
天変地異を起こしていきます。喜びのエネルギーが、天変地異を起こしていくのです。
気付きなさいと促しを、何度も、何度もしていきます。
すべての意識達とともに、次元を超えていきたいと思っているからです。
一方、その思いを、素直に心に受け止めていけない思いも、もちろん感じています。
しかし、私は、心をただただ真実に向け、喜びを広げていくだけです。
この三次元で肉を持ち続け、ようやく、本当の世界、本当の自分の世界に帰れる、そんな喜びに沸いている今を感じています。
意識の世界は、永遠に続く世界。私は永遠に真実に近づいていく意識です。
宇宙は私にそのことを伝えてくれました。
長い、長い間時間と空間を超えて、より真実に近づいていくことを、自分の中で明らかにしてくれたのが自分の宇宙、その意識の世界でした。
意識の世界にゴールなどありません。
限りなく透明になっていく過程を、喜びで通過していける喜びの中に、温もりの中にあるのです。
たったひとつの宇宙、母なる宇宙に帰っていける喜びは、遥か遠い過去からの切実な思いでした。
私の宇宙が伝えてくるものは、その思いなのです。
私は、自分の意識の世界を、ただ感じたままを表現しています。
自分を過大評価もしなければ、過小評価もしません。
私は、私の宇宙とともに歩いていける、宇宙とともに存在していけることが、たまらなく嬉しいし、それが私の喜びなのです。

自分を落とし込めることなく、生まれてきた自分を喜んでいくこと、それだけです。
生まれてきた自分を喜んでいくこと、それが、どれだけの愛だったのか心に響いてきます。瞑想をすれば、心に響いてきます。
地獄の奥底に沈んできた私達だからこそ、今という時を大切にしていきましょう。
皆さん、どの方も同じです。誰一人例外はありません。
私は、宇宙を感じるとき、この思いが痛烈に心に響いてきます。
瞑想を続けていけることが幸せです。ただただ喜びです。
「何も持たなくてもいい、ただこの心ひとつ」来世の私がすでに伝えてくれています。
「私は、本当の自分を求めて、求めて存在してきた心でした」
と伝えてくれています。
来世の私の心が語ります。
ともに宇宙に向けて瞑想をしている今という時間です。
そして、過去からの私とともに、私達は語ります。
「宇宙を思えることは幸せです。宇宙を思うことは喜びです。
宇宙は喜びです。私は喜びです。私は温もりです。ただそれしかありません。田池留吉、アルバートに心を向けると、そのように伝わってきます。
これが私でした。私の世界でした。私は、この世界を自分で捨て去ってきました。本当に愚かでした。今、宇宙に向ける瞑想をするとき、この思いだけが蘇ってきます。」

ただ一点だけを見つめていけばいいのです。心をただ一点に合わせ存在していけば、いいだけです。
その一点を私は知りました。温もりと優しさ溢れる自分自身でした。
それが、田池留吉、アルバートの意識の世界でした。
私は、その中にひとつに溶け合っている意識でした。
だから、私は、ただ一点だけを見つめ、これから存在していくだけです。
来世に再び肉を持つ私の意識は、然るべき時に、この一点を噴き出していきます。
この流れの中にあることを感じ、私は、ただただ嬉しい、ただただ幸せです。
田池留吉、アルバートの心に心を合わせ、そして存在していくのです。
それが、本来の私達のあるべき姿です。私は、それを心で知りました。



きっと皆さんも同じだと思います。私は今世、学びに触れる前、肉に埋もれていた中、肉のみの世界に生き続けてきた私の中に、だけど真実はこのように真実は絶対にある、どこにあるか分からないけれど、真実はある。その真実を私は知りたい。そういう思いをずっと抱えて生きてきました。肉、肉で生きてきたけれど、ようやくこの学びに繋がり、自分の中に真実があったということを心で知りました。だから私は幸せです。
田池留吉、アルバートの心を心として生きていけるこれからの時間、私の中で喜び、喜びが溢れてきます。

それでは、今言いました「田池留吉、アルバートの心」、その心にあなたの心を合わせてみてください。


posted by UTAブック at 21:39| 大阪 ☁| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

第126回「ともに瞑想を」―宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか-




「ともに瞑想を」、第126回目の配信となります。
今日も、塩川香世さんと「意識の世界」を、ともに学んでまいりましょう。
「宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか」
今夜からは、「12.二五〇年後、三〇〇年後に照準を定めて存在しよう」、その165ページから168ページまでを朗読され、その後、「あなたの250年後、300年後に」心を向けてまいりましょう。


250年後に照準を定めて、私の世界は広がっています。
次元移行へ真っ直ぐに突き進んでいくために、250年後、アメリカの地に再び肉を持ってきます。
その予定のコースを、今思います。
宇宙に向ける瞑想から、そのところが、はっきりとしてきます。

アメリカは、もうすでに荒廃しています。荒れ果てた土地、その中で、人々の心は、本当に荒れ狂っているんです。
自分達の欲望の渦の中に自らを沈めていった結果を、アメリカの地は、はっきりと表しているでしょう。
その頃は、確かに色々な面で、目覚しい発展があります。
しかし、一方では、人々の心は、今よりもさらに地に落ちています。狂いに狂っている中に、私達は、肉を持ってきます。
もちろん、私も、ひとつの肉を持ち、自分の中の闇に飲み込まれそうなエネルギーの中で、毎日を過ごしているのです。
その中から、ようやく、喜びという本当の自分の姿を蘇らせていくひとつの出来事があります。
その出来事をステップにして、私の心は、真実の世界へ大きく羽ばたいていきます。
心を宇宙、真実の世界に向けていくのです。
宇宙に心を向けた私の中に、喜びの波動、喜びのエネルギーが、私の中に真っ直ぐに入ってくるのです。
そして、そのエネルギーは、私の中で、爆発していきます。
その爆発した喜びのエネルギーが、アメリカの地から、この地球上、宇宙全体に発信していくのです。
それは丁度、今世、この日本の国から喜びのエネルギーが発信されたのと同じです。
もちろん、その規模は、当然違っていますが、その様子が、私の中には、はっきりと今蘇っています。
田池留吉、アルバート、その意識の中で、私達は、喜び爆発をしていく、そんな予定のコースを私は、着実に歩みを進めています。
心に感じる確かな足取り、これは、どんなに、私が、言葉を連ね、こうですよ、ああですよと伝えても、それぞれの心で、はっきりとしたものを感じない限り、結局は、絵空事でしょう。
やはり、肉の中に、埋没していくこれからでしょう。
特に、田池留吉が死んで、時間が経っていけば、肉の中に舞い戻っていくコースを辿っていく人達も、数多くあると思います。
私は、それでもいいんです。自分の中に感じた真実の世界、その世界を真っ直ぐに見つめ、これから250年を過ごしていきます。
そして、再び肉を持ち、この思いを宇宙に向かって発信していく、そんな私を、ただただ楽しく、嬉しく見つめています。



posted by UTAブック at 21:28| 大阪 ☁| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

第125回「ともに瞑想を」―宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか-



「ともに瞑想を」、第125回目の配信となります。
今日も、塩川香世さんと「意識の世界」を、ともに学んでまいりましょう。
「宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか」
今夜からは、「12.二五〇年後、三〇〇年後に照準を定めて存在しよう」、その161ページから165ページまでを朗読され、その後、「意識の流れ」心に向けて瞑想してまいります。


250年後、300年後に照準を定めて存在しよう

意識の流れ、その世界に心を向けてみます。

意識の流れは、次元移行なのです。次元移行を遂行するために、今世の時間がありました。
それぞれが、それぞれの心を繋いでいくために、今世の時間を用意したのです。
それぞれの転生に心を繋いでいってください。
次元移行を、自分の中で必ず遂行していくように心を繋いでいく、つまり自分を繋いでいく、そのために今世の学びをしてきたのです。
宇宙に思いを向けると、そのことが、鮮明に心に浮かび上がってくるはずです。
この三次元で自分のエネルギーを確認し、そして、そのエネルギーを、意識の流れの中に融合していく、そんな壮大な計画がこれからまさに遂行されるのです。
自分の中の宇宙とともに歩いていきましょう。心の中に宇宙を広げていってください。
宇宙という意識の世界を、どんどんどんどん感じていってください。
どうぞ、自分の宇宙と異語で語り合い、そして、心を通じ合わせていってください。
私達は、今、確かに意識の流れの中にあります。
意識の流れを心に伝えていく確かなる道筋を、自分の中に作っていってください。

田池留吉、アルバート、その流れの中にいる私を感じます。
意識の流れに沿って、すべての宇宙に呼びかけている思いを感じます。
ひとつの宇宙を目指してきた私がありました。
すべての宇宙に向けて、呼びかけている思いを感じます。
意識の流れは、今、その方向に粛々と流れています。
意識の流れに沿って、私は、歩いています。
生きるも死ぬも、すべては意識の流れの中にある自分を感じています。そうです、すべてが意識の流れの中にあります。
心の中に、田池留吉、アルバートがあります。
そして、田池留吉、アルバートを呼ぶ私の中に、何もありません。
ただただこの流れがありました。遥か、遥か昔から、ずっと、ずっと続いてきたこの流れの中を、今、私は、歩いていることを感じます。
この流れの中にあった私を感じ、喜びがとても大きいです。
すべてがひとつになって流れていく、その中にある私を感じています。

お母さんに肉を望みました。この肉をくださいと、今世、この肉をくださいと望んできた私の思い、それは、意識の流れの中にある私を感じたかったからです。
この肉をいただきたい、お母さんにそうお願いしました。
田池留吉、あなたの意識の世界と出会わせてくださいと、私は、母に肉をいただきました。
田池留吉の世界と出会いたかった。アルバートの波動を知りたかった。そう知りたかったのです。
どうしても、自分の宇宙を変えていきたかったからです。
田池留吉、アルバートの波動を自分の中に呼び起こすこと、それは、私と私との固い、固い約束でした。
しっかりとした誓いのもとに、私は、この肉をいただいたことを、今感じています。
意識の流れの中で、その思いを感じています。
心よりありがとう、ありがとう、ありがとうを伝えます。


posted by UTAブック at 21:21| 大阪 ☁| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。