2018年02月19日

第182回「ともに瞑想を」塩川香世さんの思い



こんばんは。塩川香世です。今日は始めにちょっと私自身のことを聞いていただきたいと思います。それを聞いていただいて、それぞれの心に、あなたの心に、どんな思いが広がっていくかを感じてみてください。そういう時間を持ってみたいと思います。

私自身学びに触れても、鈍感な時間が長くありました。自分の中のエネルギーが、肉に素直に響いてくるという敏感には、なかなかなれませんでした。それでいて、セミナーにはオール出席したと言っていいほど参加したかったし、参加できるよう努力してきました。私がようやく、自分の肉体を通して、蓄えてきたエネルギーを垣間見れるようになったのは、宇宙に向ける瞑想が始まったころだったと記憶しています。もちろん、これはみなさんも同じだと思いますが、田池先生の手取り足取りのいざないがあったことが大きいです。とにかく、たくさんのことを学ばせていただく機会に恵まれてきました。それは全部、自分が望んできたことだと私は思っていますし、同時に、私は、本当に地に落ちた意識で、今世のこのチャンスを逃せばどうしようもなかったことも感じています。ただ私は、田池先生の存命中に、自分の予定通りのところまで学ばせていただきました。250年後の来世まで私には転生がないことも、自分の心で知りましたし、田池留吉の肉を通してそれを確認するに至っています。だから、私には肉を持つ時間がもう本当にわずかなんです。そういう意味で、私から出るメッセージ、自分に伝えてくるメッセージは厳しいです。厳しいけれど「250年後待っています」という喜びは、確実に私の中に広がっています。「今世の出会いを本当にありがとうございます」という思いを心に抱きしめて、私は私の道を歩いていくのみというところです。
これが私の現状だと、私は認識しています。今読ませていただいたところを、それぞれ聞いていただいて、それぞれの心に何か思いが上がってきたと思います。どうぞ、その思いを見る瞑想をしていきたいと思いますけど、その前にもうひとつメッセージを言います。

なぜ生まれてきたのか、何をするために生まれてきたのか、今ここにいるのか、この問いかけは非常に大切です。いつもそこに戻ってくださいと伝えました。肉の中で生き続けてきた私達ですが、心をひとつにして、ともに同じ方向を向いて、次元移行達成を必ず遂行していきましょう。肉では幸せになれません。喜びは分かりません。今世を本当に大切にしてください。

それでは軽く目を閉じて、あなたの中に思いを向けてみてください。
ありがとうございました。


posted by UTAブック at 00:17| 大阪 ☁| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

第181回「ともに瞑想を」― HP1109-



こんばんは。塩川香世です。それでは今日も一つ文章を読ませていただきます。そしてその後、3分間ですけど、ともに瞑想をしていきたいと思います。聞いてください。

1109)田池留吉、アルバート、今そう呼べる今に喜びを感じていますか。田池留吉、アルバートと思える幸せはどうですか。肉あればこそです。互いに愚かな肉ではありますが、肉あればこそ、田池留吉、アルバート、そして愛、母なる宇宙に思いを向けることを知ったのです。肉を通して学ばせていただいてきました。今ももちろん学ばせていただいています。
喜んでいきましょう。嬉しいじゃないですか。学びの友もたくさんいます。目に見える友、目に見えない友、ともに宇宙に思いを向け、次元移行に思いを馳せる時間を私達は用意してきました。しっかりと心を向けていきましょう。欲だらけの私達でしたが、それもすべて受け容れてもらってきました。
だからこそ、こうして生まれてこれたんだし、真実の波動の世界を垣間見る学びにも集わせていただきました。本当にありがとうしかないですね。腐った自分の思いの世界を知っていけばいくほどに、本当にありがとうしかありません。ありがとうございましたと言うのは私達のほうなのに、その私達に出会いをありがとうと伝えていただいた田池留吉の意識の世界でした。本当にすごい世界なんだと思いました。

 肉肉で生きてきました。肉こそすべて、形あるもの、金こそすべて、神こそすべて、神もすべて形ある世界から、私達、愚かな私達が作くり上げてきた世界でした。神の世界などなかったんです。愛しかありませんでした。目に見えない世界、私達は神と言ってきましたけど、その神の実態を心で知っていけばいくほど、本当に愚かな愚かな私達を感じていきます。だけどそんな私達もようやくようやく心の向け先がここですよと教えていただきました。
肉から意識の転回は難しいですけれど、ですが私達の中に思いを向けて自分の中の愛、温もり、喜び、お母さん、母なる宇宙、本当にその世界が現実のものと心に響いてくるように、日々少しずつでもいいから瞑想を重ねていってください。
肉肉で生きていくのは簡単です。ですがそれは自分を裏切り続ける行為です。もう絶対に自分を裏切らない、本当の自分を、本当の自分を、もう絶対に手放さない、そんな覚悟で、あなたに残された肉の時間を、どうぞご自分のために使っていってください。喜んで喜んで使っていってください。そして250年後、喜びで出会いを持ちましょう。
私は250年後アメリカ、ニュージャージーに生まれてきます。肉を持たせていただきます。次元移行を伝えるために私達は、そう、愛なる、母なる宇宙、愛へ、ともに帰ろうとそのメッセージを送るために私も肉をいただきます。心からありがとうございました。今世の出会いを本当にありがとう、田池留吉、アルバートの波動の世界に出会わせていただいたその喜びを、どんどどんどんお伝えしたいと思います。

それでは軽く目を閉じてください。目に見える友、目に見えない友、ともに宇宙に思いを向け、次元移行に思いを馳せる時間、私達は用意してきました。どうぞ、このことをあなたの中でもう一度、思いを向けてみて下さい。
ありがとうございました。
posted by UTAブック at 21:38| 大阪 ☁| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

第180回「ともに瞑想を」― HP1106-



こんばんは。塩川香世です。それでは一つ、文章を読ませていただきます。そしてそのあとに3分間の瞑想をいっしょにしていきたいと思います。聞いてください。

1106)意識の流れ。この流れをしっかりと自分の中で感じてください。意識の流れ。この流れの中にあると伝えていただきました。すべての意識がこの流れの中にあると。すべてです。だから、その流れに逆流する流れは自然淘汰されていきます。意識の流れと融合するのではなくて、自然淘汰です。
言い方を変えれば宇宙のもくずということになります。
意識の転回を速やかにしていくことです。いつまでも肉、形の世界に留まることは要求されていません。形ある世界から形のない世界へ歩みをともにしていこう、そして、さらに意識の世界を進んでいこう、波動、愛の世界は限りなく続いていきます。進化させていくことが喜びの扉をどんどん開いていくことなんだと感じます。肉の次元に留まっている私達ではありません。愛を捨てた私達です。ですが、愛へ帰れるんです。その道筋を今世、はっきりと知らされました。本当の自分、愛に帰る道をどうぞ、ごいっしょに。田池留吉、アルバートの波動の世界とともに。

意識の流れ、この流れを心に感じること、これがすべてです。私達はその大きな仕事を自分に課してきました。喜びで課してきました。間違い続け、苦しみ続け、狂い続け、そんな私達でしたけれど、やっとやっと本当の自分、愛、愛であった自分に帰れるんだ、そういう道筋を自分の中に知っていこう、大きな決断、固い決断を持って、今世産まれてきました。どうぞ、ご自覚を持ってください。そして、喜んで喜んで、自分の流してきたエネルギーを知ってください。そのエネルギーとともに次元を超えていく、そんな意識の流れに中にあった私達です。どうぞ、どうぞ、ともにもに次元を超えてまいりましょう。

それでは、軽く目を閉じてください。あなたの心の中に響いてきますか。どうぞ、こちらの方に心を向けてみてください。
意識の流れ。
ありがとうございました。
posted by UTAブック at 09:49| 大阪 ☀| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。