2018年02月03日

第178回「ともに瞑想を」― HP1091 -



こんにちは。塩川香世です。明日から志摩セミナーです。2泊3日、学びの友とまたともに瞑想をできる時間と空間、共有できることを嬉しく思っています。私は今志摩にいます。今、午後3時過ぎです。今から一つ、今日載せたホームページを読ませていただき、明日に備えてともに瞑想をしていきたいと思います。

1091)  自分と向き合い、自分の心を見て、自分と語る、どれもこれも何て優しいのだろうかと思いました。自分と向き合える、自分の心を見ることを知った、自分と語り合える、そうできる私達は本当に幸せ者です。
苦しみの中で苦しみ抜いてきたけれど、あなたの中の優しさ、温もり、喜びを信じなさい、あなたは愛ですと伝えてもらって、どうでしょうか。信じていきませんか。信じてみませんか。私は愛ですと自分に真っ直ぐに伝えることができたならば、本当に幸せだと思いませんか。
ともに生きていこうといざない続けてくれています。肉ではない意識のあなたを私は信じていますと伝えてくれています。汚れ切った意識の世界から、一歩、二歩と出ていきましょう。出ていく勇気、ほんの少しの勇気を出して、生きていく方向を変えていきましょう。ともに帰ろう、ともに帰りたい、どうぞ、あなたの中で、その思いが大合唱していることに気付いてあげてください。田池留吉の世界は厳しいけれど限りなく優しいです。今世の出会いを大切に大切にしてください。

それでは軽く目を閉じてくてください。今読ませていただいたあなたの中のたくさんの意識達、ともに帰ろう、ともに帰りたい、あなたの中でそう大合唱していることに、あなた自身が気付いてください。肉を持っているあなた自身がまず気付いてあげてください。そしてその思いを、切なる思いですね、その思いをしっかりと実現、現実のものとしていくように学びを進めてまいりましょう。

それでは、その、ともに帰ろう、帰りたいという、あなたの切なる思い、その方に心を向けてみてください。
ありがとうございました。


posted by UTAブック at 15:32| 大阪 ☁| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。