2018年10月13日

第204回「ともに瞑想を」



こんばんは。塩川香世です。
久々です。久々のポッドキャストです。これからちょっとぼちぼち再開に向けて、動き出そうかなと思っています。
というのは、UTAホール大宝という所で「ともに瞑想会」というのを、学びのみなさんとともに瞑想をする2時間の勉強の時間を丸4年、足掛け5年、持たせていただいたんですが、先月の9月22日を最後にそれも終了しました。
その代わりと言ったら何なんですけど、私のほうでポッドキャストを活用させていただいて、皆さんとともに瞑想する時間をちょっと持ってみたいなと、また思い始めましたので、ポッドキャストをぼちぼち再開させていただきます。
 
今は土曜日、13日の土曜日の午後8時19分、20分ぐらいなんですけど、これからは、そうですね、ともに瞑想会の時間と同じように土曜日のお昼から、このように時間、ともに瞑想する時間を少し持ってみたいなあという思いでいます。
 
今回は、それのちょっと予告編というのではないですけど、これからそういう時間をちょっとしばらく持ちますという思いを語らせていただきました。

それでは、ちょっと目を閉じてください。丹田呼吸をしてみてください。
 
日本語でメッセージを語るのはもちろんなんですけど、私、やはりメッセージというのは、異語で語るほうが自分の中ですうっとストレートに思いが語れるという感覚を持っています。しばらく目を閉じたまま、ちょっとこの異語のほうに思いを向けてみてください。
異語。

はい、ともに帰りましょう。そのままどうぞ瞑想を続けてみてください。

ありがとうございました。


posted by UTAブック at 21:34| 大阪 ☀| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。