2017年05月18日

第109回「ともに瞑想を」―宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか-



「ともに瞑想を」、今夜は、第109回目の配信となります。今夜も、塩川香世さんと、意識の世界を、ともに学んでまいりましょう。
今夜は「宇宙の風 私達人間は、死んで終わりでしょうか」50ページから58ページ「6.宇宙はあなたの中で語っています」の一部を朗読され、その後ともに瞑想してまいります。


6.宇宙はあなたの中で語っています
(続き)

どうでしょうか。
今、肉を持っている私達に教えてくれている、伝えてくれている、たくさんの意識達の存在を、私は少し紹介させていただきました。
その意識達は、私達はあなたですと語っています。
あなたも、どうぞ、肉を持たずに存在しているたくさんの自分を、その心で感じていってください。

私の中の宇宙達は、さらに伝えてきます。


私達宇宙の思いを語ります。
私達は、地球を目指しています。これから、どんどんどんどん地球人類に呼びかけていきます。
愛を発信してくれる仲間、その司令塔を目指して、私達宇宙は、これから私達の思いを伝えます。
意識の流れが、まず地球という星に愛を灯してくれました。
本当の愛を灯してくれました。
暗黒の宇宙に苦しんできた私達は、その愛を目指して、どんどんどんどん集合していくのです。
私達は、本当の愛が知りたかった。
母を捨て、私達は、暗黒の世界をさ迷い続けてきました。
どんなにこの時を待っていたことか。
私達の思いが、ようやく届きました。
私達の思いをすべて受け入れてくれる優しい、優しい波動を受け取っています。
しかし、苦しかったのは、私達宇宙だけではありませんでした。
地球に降り立った意識達も 、苦しみ喘いでいたことを、私達は知りました。
「みんなひとつだ。みんな同じ。温もりを捨て去った心は、本当に苦しかった。」そう伝えていただきました。
そして、「どうぞ、田池留吉、アルバートの波動を知っていきましょう。」私達は、そのいざないを、今、受けています。
私達宇宙は、これからどんどん心を語ります。安心して心を語ります。
母に思いを語れることが嬉しいです。私達は、今そんな思いでいます。
私達宇宙は、地球という星に、災いをもたらす存在ではありません。
ただ、私達は、あなた達人類に、地球という星は、もうすでに疲弊していることを伝えるでしょう。
「地球上に流し続けてきたエネルギーを、どうぞ見ていってください。」と、私達宇宙は伝えさせていただきます。

私達宇宙のエネルギーは、とても、とても大きいです。
興味本位で、宇宙に心を向けることはお止めください。
私達宇宙のエネルギーは、とても凄まじいです。狂いに狂ってきたエネルギー、闘いに明け暮れてきたエネルギーです。
母の温もりを捨て去った暗黒の宇宙のエネルギーは凄いです。
母の温もりを心に確立していない限り、私達のエネルギーに飲み込まれていきます。
すべてが暗闇の中に沈んでいく、そんなことを何度も、何度も私達は繰り返してまいりました。
もうそれを止めましょう、そう、私達は、ようやく伝えていただいたのです。
私達は、今、心を見ています。自分達が流してきたエネルギーの凄さを、しっかりと見ています。
母を捨て去ったのは私達です。その母の思いが、今、私達にようやく届き、私達も、心の中にあった温もりの世界へ帰れることを喜び始めている状態です。
私達宇宙は、真剣に心を見つめています。
地球を目指して、これからの時を経るにつれ、私達の思いは、どんどんどんどん浄化されていきます。
田池留吉、アルバートの波動、その力強いエネルギー、愛のエネルギーを、私達はストレートに心に感じます。
狂いに狂ってきた私達宇宙だけれど、ひとたび温もりを感じれば、その変りようは、とても、とても地球人類には分からないと思います。
地球人類の想像を絶する私達の変化を、どうぞ、これから250年の間、あなた達の心で感じていってください。
私達は喜びです。暗黒の宇宙が、今、変わり始めています。
愛を目指して、私達の姿を表してまいります。

地球人類の心の世界は狭い。とても狭い、狭い。本当にちっぽけな中に蠢いている地球人類の心の中です。
私達の心の世界は、そんな世界からは、とても、とても、計り知れないものがございます。
そして、地球人類の小さな世界の中で作り上げてきた宗教の世界は、もちろん、ちっぽけな世界です。
私達のエネルギーは、そうです、宗教という小さな、小さな世界を、そう遠くない時に、私達の思いの中に包み入れていくでしょう。
地球に降り立った意識達は、いまだに苦しみ喘いでいる意識達が、ほとんどです。
私達は、「何のためにあなた達は、地球に降り立ったのでしょうか」ということを伝えたいのです。
私達は、地球人類に思いを託しました。
私達との約束を果たしていただくよう、私達は誓い合ったのです。しかし、地球に降り立った瞬間から、その欲の思い、欲の渦の中に沈み込んでいった意識達ばかりでした。
ようやく、今、その中から、しっかりと私達に思いを向けることが可能になりました。
だから私達は、今、このように語っています。
心を広げて私達の思いを受けていってくださいとメッセージを送っています。
もちろん、私達はすでに温かい、温かい、優しい思いを受け取っています。
私達の交信は、これから、ますます密度を増していくでしょう。
もう地球のどこに何が起きても、不思議なことはないほどの時期です。
どうぞ、真剣に、真剣に心を見てまいりましょう。



どうぞ、宇宙に向けて瞑想を続けてください。それぞれの心の中に、今語ったような宇宙達の意識、意識の世界が語ってくれています。その意識の世界が伝えてくれています。その切なる思い、私達と同じです。
地球に降り立った意識、私達ですね、地球に来れなかった、三次元に来れなかった宇宙達の意識、すべてひとつの中にあります。
すべてが次元移行を目指しています。田池留吉、アルバートの波動の世界、真実の波動の世界が肉を持ったその瞬間から、私達はひとつになって次元移行を目指していくんです。これから250年、300年、あっという間ですが、その、次元移行、意識の流れをしっかりと心に感じ、そして、ともにともに歩みを進めてまいりましょう。

それでは、軽く目を閉じてみてください。丹田呼吸をして息を整えてください。

遥か遥か彼方、宇宙に思いを馳せてみてください。

(異語)
posted by UTAブック at 21:49| 大阪 ☀| Comment(0) | 宇宙の風ー私達人間は死んで終わりでしょうかー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください