2017年07月29日

第137回「ともに瞑想を」―母なる宇宙とともに-



https://www.amazon.co.jp/dp/4904648315/

宇宙に興味がある人もたくさんおられると思います。宇宙のパワーが大好きな人も多いのではないでしょうか。しかし、「母の心」を忘れ去った中で、宇宙に思いを向けていくことは大変危険です。
まず、「母の心」を感じていくことが一番大切なことだと分かってください。
確かに、宇宙という波動の世界、エネルギーは、私達にこれから大きな影響を与えていきます。だからこそ、自分達の中に本当の意味での母の温もりを蘇らせることが第一なんです。
「宇宙は遠くにあるものではありません。宇宙は自分達の心の中にあるのです。」
ということを心に留めて、ありふれた日常から、宇宙を感じていってほしい、宇宙を思うことをしていってほしいと思っています。
宇宙を感じること、宇宙を思うことは、母の思いを感じること、母を思っていくことなんだと知っていただきたいと思います。

ここで、宇宙というところから、今一度、私達の日常生活に視線を向けてみます。
私は、日々、目にするニュース、耳にするニュースを通して、次のようなことを感じています。あなたはどうでしょうか。

人は、みんな心の中に暗闇を抱えています。日々、目にしたり、耳にしたりするニュースは、そのことを示しています。身震いするような、目を覆い、耳を疑う事件が、次から次へと出現してきます。
色々な事が起こる中で、許せない、何でここまでするのか、怒りの矛先をどこへ向ければいいのか、その責任はどこにあるのかと、問題解決を叫ぶ人達も、実はそれが自分達の心の世界のことなのだということには、思いも及びません。
しかし、それが現実なのです。誰がではなく、また特定の特殊な人種がというものでもないと、私は思っています。
大切なもの、自分の原点を忘れ去った人間の心の中から出てくる闇の世界が、ある時には、弱い者いじめになったり、児童虐待になったり、その他、営利誘拐、児童買春、親殺し、子殺し、保険金殺人、おれおれ詐欺、霊感商法、詐欺商法、収賄贈賄、談合汚職、臓器売買、援助交際、集団暴行、麻薬密売に麻薬中毒等々、諸々の事件となって、毎日毎日、世間を騒がせています。しかし、それもほんの数日で、やがて、そのことは人の間から消えて、新たな事件へと世間の目は向けられていっているようです。
ただ、確かに、世間の人達にはそうであっても、その事件、事故等の当事者には、決して忘れられない記憶となって、心に残留していきます。
たとえ、加害者となった側を裁判にかけて、仮に極刑を言い渡されても、被害者側には、心の禍根として残ります。
被害者の人権を蹂躙した加害者が、堂々と人権を主張していく場合も往々にしてあり、心中は複雑でしょう。
一応は結審した事件等も、当事者達の心の中は、依然として、それらを引きずったままなのではないでしょうか。
一度、心に受けた衝撃は、大きな心の傷となって、それが完全に癒えることは、なかなか難しいでしょう。
そして、最終的に、お金によって決着をつけるということかもしれませんが、果たしてどうなのでしょうか。
お金に蠢く思いは、すごいエネルギーですから、お金を手にすることで、また新たな問題が起こってくることは充分あり得ます。しかし、お金によって決着をつける以外に方法がないというのが、今の世の中の悲しさでしょう。

一方、日々の生活の中では、熾烈な受験戦争や経済戦争が続いています。実際に武器弾薬が飛び交い、多くの人命が犠牲になっています。核の脅威にさらされている現実があります。最近では、ネット社会におけるサイバー攻撃等々があり、本当に、一つの家庭から世界中に至るまで、今や戦いのエネルギーが蔓延していることを感じます。
それを、人類は発展、進歩、繁栄と位置づけるのでしょうか。
戦争のない平和で明るい社会を作り上げていくために、人類は戦争を起こしていきます。あなたは、この矛盾をどのように思われますか。
確かに、時代の流れ、時の変遷により、人々の考え方も変わります。
社会との繋がりも、互いと互いの関係も、より複雑になっていくでしょう。その中で、互いが互いの立場を尊重し、理解し合いながら、互いに利益を追求していこう、人類の幸福と繁栄のために、充分に話し合いの場を持とう、知恵を出し合っていこう、ということかもしれませんが、本当のところどうなのでしょうか。果たして、そう、うまくいくのでしょうか。
世の中は、今、水面下で激しく動いています。その水面下の動きが、ポッ、ポッと頭を出していることが、様々な自然現象や人的現象に現れているのです。
もうすでに、その動きは始まり、いよいよ、これからだという時期に差し掛かっていると思います。これから、さらに世の中は混沌としていきます。事態は、もう、そういう局面を迎えています。
だからこそ、それぞれが心の奥底に眠っている「母の心」に触れていかなければならないんです。またこれから、そういう方向に流れていくだろうと、私は感じています。

次の項目で、このような世の中の流れを踏まえた上で、いくつかのテーマを出し、私の心に上がってくる思いを綴ってみました。
そのテーマについて、あなた自身がどのように感じ、また思っているかを、自分に問いかけてみてください。



宇宙。「第1章、宇宙とは」という中の部分、「母の心と宇宙」というところを三日かけて朗読させていただきました。
宇宙。宇宙に心を向ける瞑想はとても大切ですけども、あなたの心の中に、母の心、母の温もりですね。母の温もりがしっかりと確立していなければ、宇宙の瞑想はうまくいきません。欲だけで、宇宙に向ける瞑想をしても、自分のお勉強に繋がりません。ただ、だんだん敏感になるにつれて、自分の苦しみの深みにはまっていくというか、そこから自分を救い出す。明るい方向へ自らをいざなっていくそのパワー、そのパワーは、母の心、愛が自分だったというそのことに尽きるんです。その心、母の温もりですね。それをしっかりと確立しつつ、宇宙に思いを向ける。そういう学び方をしていってください。
正しい手順で、正しい瞑想をしていくこと、学びに触れた人、年月の長い人は、もう耳にタコができるほど聞いています。すべて自分のためです。自分を次元移行へいざなっていく意識の流れに乗せていくために、色々色々知識としてはあると思いますが、それをどうぞ、自分の心でわかってください。自分の心で感じわかったものを信じられる。つまり、自分の中を信じられるということが、とても大切なことです。

それでは、今日もともに瞑想をして終わりたいと思います。
軽く目を閉じて息を整えてください。
どなたの心の中にも母の心は存在します。母の温もりはあなた自身の中に存在します。温もりを外へ外へ求めてきました。だから私達はすべて失敗してきました私たちのこれまでの転生はすべて失敗してきました。愛を外へ、自分以外のものに求めてきたんです。神にしろ、仏にしろ、宇宙のパワーにしろ、その結果を私達は全て受けていかなければいけません。今世、こうして一つの肉体を持って、学びに繋がった私たちです。この肉体を通し、どうぞ、真実に目覚めてまいりましょう。


この肉体を通し、どうぞ、真実の自分に目覚めてまいりましょう。
それでは、あなたの心の中にしっかりと存在する、その母の思い、母の温もりに、心を向けてみてください。


posted by UTAブック at 21:37| 大阪 ☁| Comment(0) | 母なる宇宙とともに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください