2018年01月13日

第172回「ともに瞑想を」― HP1063 -



こんばんは。塩川香世です。今。「磁場と反転」という本の朗読をさせたいただいているんですけど、それも去年暮れからちょっと中断させていただいています。別に特別な理由はないんですけど、今ちょっと中断させていただいています。今日は、私気まぐれですんでポッドキャストを再開しょうかなあと思って、磁場と反転の本の朗読をやろうかなあと思ったんですけど、その前にUTAの輪の中でともに学ぼうというホームページを開設していますが、そのホームページの中で1063番、このメッセージを読ませていただいて、あと、ともに瞑想の時間をいただいてみたいなあとふと思いました。それで読ませていただきます。

1063) 私はあなた、あなたは私。ひとつ。信じていくこと、いけること、それだけが喜びです。肉、形の世界から私、田池留吉、アルバートは分かりません。私は目に見えません。しかし、あなたの心の中に現存しています。呼べば通じる世界です。信じる信が深ければ深いほど、あなたは本当の喜び、幸せを感じます。どうぞ、あなたの心の中で、それを感じてみてください。要するに、すべてはあなたの心の中の出来事です。あなたの心で感じたものは、すべてあなたのもの。それをどのように活用していくかもあなた次第です。どんどん喜び、幸せなあなたと出会ってください。私達は喜びだけなんです。喜びの存在が私達であることを、片時も忘れないようにしてください。苦しい中、狂い続けてきた中で、私、田池留吉の指し示す方向に心を向けていくことは大変難しいことは承知しています。ですが、私は、真実を伝えに肉という形を持ったという事実があります。この事実をしっかりとあなたの心の中で味わって、そして私とともに生きていく喜びを味わってください。何度も何度も伝えます。伝え続けます。真実はひとつです。真実は、私、田池留吉、アルバートの波動の世界だけです。その波動を感じていくことに尽きるんです。波動が心で分かれば、あとは何も案ずることなく、ただひたすらに心の針を合わせていくだけです。合わせていけるようになっています。それが意識の世界です。意識の流れの中に存在する喜びを存分に感じていきましょう。私をどんどん呼んでください。どんどん思いを向けてください。あなたの中で応える私と出会い、ともにある喜びを共有しましょう。

それでは軽く目を閉じてください。少しの間、ともに心を向けていきたいと思います。どうぞ、あなたの心の中の田池留吉、アルバートを呼んでみてください。
ありがとうございました。


posted by UTAブック at 22:25| 大阪 ☔| Comment(0) | 意識の世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。